小樽の夜の魅力を紹介「ナイトブック」発売

2019.10.28北海道

ナイトブックは14.5cmスクエア型で持ち運びしやすいサイズ
ナイトブックは14.5cmスクエア型で持ち運びしやすいサイズ

 北海道小樽市で、夜の小樽観光を盛り上げようと、写真集を思わせる有料ガイドブック「ON-OTARU NIGHT-vol.2」の第2弾が9月に発売された。一般社団法人小樽観光協会が製作した。表紙も含めて48ページで1冊100円(税込)、オシャレなコースター付き。2,000冊限定で、掲載している店舗や運河プラザ観光案内所2番庫物産コーナーなどで販売している。

 小樽の夜景や繁華街など、夜の情景を豊富な写真で紹介した2019年1月発売の第1弾が好評だったことを受け、第2弾を製作。前回の魅力をそのまま盛り込みつつ、夜の食を楽しめる飲食店や宿泊施設の情報をより充実させた。飲食店や宿泊施設の計24軒の基本情報や特徴を紹介。併せて市内写真家の濱田 剛氏と眞柄利香氏が撮影した四季折々の小樽の写真を掲載し、小樽の魅力も楽しめるミニ写真集さながらのガイドブックだ。

 掲載した施設には、スマートフォンを使って、店の詳しい情報をネットで閲覧できるQRコードを設けた。また、じゃらんnetでのナイトブック付の宿泊プランもスタートするなど、お得な情報が満載の1冊となっている。

 同協会では、「観光客に何度も小樽に足を運んでもらいたい。また、市民の人にも活用してほしい」と話している。

小樽の夜の魅力を紹介「ナイトブック」発売
巻末には掲載店舗の位置が分かるマップ付き

リンク:おたるぽーたる 

スポンサードリンク

メルマガ登録

観光リ・デザインとは