益子焼を使った「おかまグルメ」を開発へ

2015.05.01栃木県

 益子焼を使った「おかまグルメ」を開発へ
 
 益子焼の産地、栃木県益子町で「益子おかまグルメプロジェクト」が始動した。
 横川駅名物「峠の釜めし」の釜が益子焼で作られていることに着目し、新たな地域ブランドとして釜を使ったご当地グルメの開発に取り組む。おかまグルメの条件は、「峠の釜めし」の釜の製造元「つかもと」製の釜を使った新たなメニューを開発すること。益子おかまブランド推進協議会も設立され、「おかま玉うどん」「おかま草だんご」など5つの試作がマルシェの春旬祭で販売された。
 今後は、さまざまな柄や大きさの釜を企画するほか、直火に対応した釜の開発を促し、メディアでも積極的にPRしていくという。

スポンサードリンク

メルマガ登録

観光リ・デザインとは