宮島に多機能の「TOTO宮島おもてなしトイレ」オープン

2019.10.02広島県

宮島に多機能の「TOTO宮島おもてなしトイレ」オープン
表参道商店街に面した場所に設置

 広島県廿日市市とTOTOが、世界遺産である宮島の嚴島神社近くに整備を進めていた「TOTO宮島おもてなしトイレ」が8月にオープンした。これはTOTOが実施した訪日外国人客アンケート調査で、トイレの清潔さが観光地のイメージアップに影響することが明らかになったため、世界中の人に心地よく観光・滞在してもらいたいと開発を進めてきたもの。

 このトイレは、宮島桟橋(フェリー乗り場)と嚴島神社の中間にある表参道商店街に面した場所にある。宮島の町並みに調和した木造2階建てで、1階に観光案内所とトイレがあり、2階が休憩スペース。

 トイレの個室内には小型の液晶モニターを設置し、「ウォシュレット」をはじめとするトイレの使い方案内を4か国語にて表記。宮島の観光案内などを入室者に応じて投影する。

 また、1人でも多くの観光客が使いやすいように温水洗浄便座「ウォシュレット」を全トイレに設置したほか、男女共用個室トイレ・車いす優先・乳幼児連れ優先・子ども用など多様な4種類のトイレ、多機能トイレへの利用集中を緩和する機能分散を一歩進める授乳やおむつ替え用のベビールームなども設置。多機能をもつ複合施設となっている。

宮島に多機能の「TOTO宮島おもてなしトイレ」オープン
2階の休憩スペース

宮島に多機能の「TOTO宮島おもてなしトイレ」オープン
小型の液晶モニターが設置されたトイレの個室内

リンク:TOTO宮島おもてなしトイレ 

 

スポンサードリンク

メルマガ登録

観光リ・デザインとは