赤西渓谷で気軽に森林セラピー体験 

2018.06.28兵庫県

赤西渓谷で気軽に森林セラピー体験
千年杉の前でリフレッシュ

 兵庫県宍栗市の赤西渓谷のセラピーロードで6月2日、森林浴を楽しみながら心身をリフレッシュさせる「森林セラピー」を気軽に楽しむ体験プログラムが行なわれた。同市は山間部の活性化策として2016年から森林セラピーに取り組んでおり、拠点として赤西渓谷と県立国見の森公園の2か所にセラピーロードを整備している。

 赤西森林セラピーロードは、渓谷沿いの林道(森林鉄道跡)を利用した地にあり、都会の喧騒から離れて沢の音を聞きながら散策できるのが魅力だ。この日の体験には県内外の2名が参加。ガイドの案内を受け、五感で自然を感じながら往復1.6kmの道のりを約3時間かけて散策した。途中で落ち葉の上に寝そべって空を眺めたり、森のランチタイムを楽しんだりしながら癒しのひとときを過ごしていた。

 同市では、セラピープログラムをメインに、移動や健康チェック、食事などを含めた約4時間の森林セラピーコースを設けているが、まだまだその魅力が広く知られていない。そこで認知度を高めようと、本プログラムの一部を低価格で気軽に楽しんでもらえる体験プログラムを実施してきた。4月~12月の間、月に複数回開催しており、参加費はガイド料や保険料込で2,500円。原則2週間前まで要予約で、申し込みはしそう森林王国観光協会まで。

赤西渓谷で気軽に森林セラピー体験
川のせせらぎに癒される

リンク:宍粟市 森林セラピー 

スポンサードリンク

メルマガ登録

観光リ・デザインとは