地域性を生かした現代的なお土産のデザイン 【前編】

福井政弘パッケージデザイナー 武蔵野美術大学通信教育課程講師

2018.06.11

東京さしすせそ
フードリレーション(東京都港区)

東京さしすせそ
東京のさ(砂糖)、し(塩)、す(酢)、せ(醤油)、そ(ソース)を集めたパッケージ。それぞれ単品でも売られているがセットの方がメッセージも伝わりやすい

ありそうでなかなかない、東京ならではの土産物。

都内の異なるメーカー5社による高級調味料を5種類組み合わせている。

江戸前の味にマッチする調味料と、日本の伝統を感じさせながらモダンさも併せ持つパッケージが、新しいお土産を感じさせる。企画の完成度が高く、さまざまな賞を受賞した。

東京さしすせそ
砂糖は宮崎商店(江東区)の玉糖。昔ながらの製法で作られている

東京さしすせそ
酢は横井醸造工業(江東区)による伝統的な江戸前酢

東京さしすせそ
http://www.tokyosashisuseso.com

写真提供:フードリレーション

 

やいづ善八 やきつべのだし
マルハチ村松(静岡県焼津市)

やいづ善八 やきつべのだし
伝統とモダンが融合したパッケージ。富士山と駿河湾のモチーフの間にある数字は、焼津の緯度と経度

焼津産のかつお節を原料にしていることから、富士山と駿河湾をモチーフとしたマークをパッケージ全面で使用。

現代的な「だしパック」のパッケージらしいモダンさと伝統の融合が良いバランスを醸し出していて、上品にまとまっている。

やいづ善八 やきつべのだし
もらって嬉しい箱仕立てのだしパック。お土産としても渡しやすい

やいづ善八
http://www.yaizu-zempachi.jp

1 2 3 4

スポンサードリンク

メルマガ登録

観光リ・デザインとは