九州初 ツーリズム認証を受けた長湯温泉のツアー「ながゆ旅」

2018.11.27大分県

九州初 ツーリズム認証を受けた長湯温泉のツアー「ながゆ旅」長湯ダム湖周辺を歩き、籾山神社で森林浴などを楽しむ

 大分県竹田市直入町の長湯温泉で炭酸泉の温泉と散策を楽しむウォーキングツアー「こころ・からだ よみがえる 健康ながゆ旅」が、このほど第一期のヘルスツーリズムの認証を受けた。同認証は日本ヘルスツーリズム振興機構などの委員会が、旅と健康の視点から認証するもので、全国17コースのうち、同温泉のツアーは九州で唯一選ばれた。

 「ながゆ旅」ではまず血圧やストレスチェックなど体調を確認。体調に合わせてインストラクターの指導の下、ウォーキングを楽しむ。コースは長湯温泉健康文化館「御前湯」を発着とし約7キロ。長湯ダム湖周辺を歩き、籾山神社で森林浴をしたり、湖畔のカフェで地元食材を使った料理を味わったりしながら過ごし、戻って炭酸泉につかった後ストレスチェックというコース。最後はのんびり昼寝などをしてもらう。

 同市は以前から健康増進や病気予防のため「歩いて、温泉浴し、食べて、笑う」という自然治癒力を引き出す「竹田式湯治」を考案し実施してきた。この認証をきっかけに竹田式湯治も広めたいと意気込む。また、市では旧4市町に各1コース設けるなど、ツアーのコースも拡大する予定だ。

 ながゆ旅は市観光ツーリズム協会のホームページから申し込む。定員は1日2人以上から4人まで。料金はガイド、入浴、飲食代も含めて1人税込4,860円。

九州初 ツーリズム認証を受けた長湯温泉のツアー「ながゆ旅」
湖畔のカフェで地元食材を使った料理を味わう

九州初 ツーリズム認証を受けた長湯温泉のツアー「ながゆ旅」
炭酸泉につかってリラックス

リンク:竹田市観光ツーリズム協会 

スポンサードリンク

メルマガ登録

観光リ・デザインとは