佐渡でコスプレ映像イベント「SADOCOS」

2018.07.17新潟県

佐渡でコスプレ映像イベント「サドコス」
モデル るあさん、作品:刀剣乱舞(加州清光)、撮影場所:東光寺(赤泊)

佐渡でコスプレ映像イベント「サドコス」
モデル 菊一モンジさん、作品:東方(二ツ岩マミゾウ)、撮影場所:東光寺(赤泊)

 佐渡市の佐渡島で9月29、30日の両日、コスプレを通じて佐渡の魅力をPRするイベント「SADOCOS(サドコス)」が島内で初めて開かれる。赤泊地区の若者を中心とする「赤泊にぎわい実行委員会」主催。絶景の多い新潟がコスプレ映えすることに着目し、若い世代にも佐渡に足を運んでもらおうと企画した。コスプレと佐渡を掘り起こすという意味をかけてサドコスと命名した。

 イベントのスケジュールは、初日は撮影がメイン。古い町並みが残る赤泊地区と徳和の東光寺の2会場で、佐渡の町並みをバックにしながら参加者がアニメやゲームの登場人物になりきって自由に撮影を楽しむ。2日目はオプショナルツアーで、希望者が町中を観光しながら赤泊の海岸沿いで撮影するという撮影と観光を楽しむコースになっている。

 イベントに先だって宣伝用の撮影会が行なわれ、東京で活動するコスプレイヤー3人が佐渡を訪れて歴史あるまちなみや寺院の境内でポーズを決めながらフラッシュを浴びていた。撮影会の様子をSNSでアップすると、島外のコスプレイヤーから「行きたい」などの反響があり評判は上々だ。

 イベント事務局を務める市地域おこし協力隊の渋谷春菜さんは「知られていない景色や古い建物に焦点をあて、イベントをきっかけに佐渡のリピーターを増やしたい」と期待を寄せる。募集人数は50名。7月から参加者の募集を始め、現在参加者募集中。

リンク:SADOCOS  

スポンサードリンク

メルマガ登録

観光リ・デザインとは