全国プラ『レア』リウム33箇所巡りとは?

2016.08.16兵庫県

全国プラ『レア』リウム33箇所巡りとは?
コンプリートバッチ

 兵庫県にある明石市立天文科学館が、開館55周年を記念して2015年5月から18年7月まで、3年3カ月かけて全国の珍しいプラネタリウムを巡る「全国プラ『レア』リウム33箇所巡り」を主催している。同館発行の公式ガイドブック(330円)にレアなプラネタリウム33箇所を紹介。日本標準時子午線の上に建つ同館のほか、寺の中にある東京の「プラネターリアム銀河座」、船の上にある京都の「エル・マールまいづる」、城の中にある愛媛の「久万高原天体観測館」、1年に2日間しか公開されないものなどが掲載されている。
 33箇所すべてを巡ると、同館から「達成証」が発行される。8月5日現在で7人が33箇所を達成しているという。

全国プラ『レア』リウム33箇所巡りとは?
公式ガイドブック

リンク:明石市立天文科学館

スポンサードリンク

メルマガ登録

観光リ・デザインとは